電話やLANケーブルの配線の不安と悩み解決します

>

業者の選び方

業者選びのポイント

まずは相見積を取りましょう。
同じ工事条件で相見積を取ります。
これは、他業者への交渉材料として、また、LAN工事費用内訳の判断材料として確認したいポイントです。
次に、見積内容から将来の拡張性を見極めましょう。
PCは日々進化しています。ユーザー側の人員拡大などもあるでしょう。あらゆる将来のバージョンアップに備えた提案をしているかを確認することも重要なポイントです。
最後に、業者選定では、拠点が近くにあることも業者選定の判断基準にしましょう。
LAN工事後のトラブルは、避けて通れません。アフターサポート体制が整っている業者であることはもちろん、工事完了後の余計な費用を避けるためにも、やはり拠点が近くにあるか否かは、大きなポイントになります。

電話やLANケーブル配線工事のまとめ

ここでは、電話やLAN配線ケーブルの工事依頼を業者に出すときの流れと要点をまとめます。
まず初めに、ネットワーク構成の決定をします。
ここで予めレイアウトを決めて置き、見積条件を確定します。
次に、業者に見積依頼を出します。先に決めた同じ条件で複数の業者に依頼しましょう。
見積が揃ったら、見積内容を精査し業者を選定します。
LAN工事は工事前、工事中だけでなく工事後も重要であることを本文でも述べました。
その後ネットワークを正常に保つための環境も踏まえて保守してくれるパートナーを選びましょう。
次に、工事日程の調整をし着工します。ここでの注意点は、LAN工事には、資格は不要ですが、電話工事は資格が必要です。電話工事が絡む時は注意しましょう。
最後に、アフターサポート体制の確認をします。工事後のトラブル対応としての連絡先や担当者などの確認と、工事した設備の耐用年数などを業者と確認しておきましょう。