電話やLANケーブルの配線を業者に依頼するといくらかかる?

電話やLANケーブルの配線の不安と悩み解決します

LANケーブルにも種類がある、用途に合わせてケーブル選択

用語を確認しましょう。 ネットワーク機器から端末までの配線を「チャネル」、配線パネルから通信アウトレットまでを「パーマネントリンク(水平ケーブル)」、通信アウトレットから端末機器を「ワークエリアコード(パッチコード)」といいます。 「チャネル」長さは、100m以内は基本です押さえておきましょう。

電話やLANケーブル配線の基礎知識

LANケーブルの種類と特長を抑え、仕様に適したケーブルを選択することでより良いネット環境を享受しましょう。
LANケーブルは、通信速度と伝送帯域の大きさによりカテゴリで分けられます。
また、使用環境により素材や形状の違いで分類があり、ケーブルの長さからは、単線、より線に分けられます。
それぞれ見ていきましょう。
通信速度で選ぶときは、カテゴリを見ます。数字が大きいほど伝達できる情報量が大きくなり、値段も高くなります。家庭用や業務用でコストパフォーマンスを優先するならば、1Gbpsのカテゴリ5eが推奨です。ネットを快適に利用するなら、カテゴリ6、液晶TVやPC動画を見るなら周波数の高いカテゴリ6A、業務用やオンラインゲームを楽しむなら、通信速度の早いカテゴリ7という風に選びます。
素材と形状では、UTPケーブルはLANケーブルの基本形状、シールドのない構造です。シールド保護が必要ならば、STPケーブルです。
ノイズに強く、安定感と高速通信にを求めるなら、2重シールドケーブルを選びます。
床を這わせるのであれば、フラットケーブル、薄くて踏みつけに強いのが特徴です。
曲げて使うときは高屈曲ケーブル、複雑な配線環境で機能します。
そのほか、屋外で使う屋外用ケーブルがあります。
LANケーブル配線は長さでも使い分けます。
単線は太い銅線が8芯分入っていてケーブル事体が固く、曲げ難いが、その分安定した通信が見込まれます。一方7本の細い銅線を8芯分より集めたより線は、ケーブルが柔らかく、使い勝手に優れますが、安定感に劣ります。どちらも一長一短があり、5m以下ではより線、10m以上では単線を使い分けの目安にします。

電話やLANケーブルの配線を業者に依頼したときの費用を考察

初めに、見積から完成までの流れを確認しましょう。 ネットワークの構成を決定、業者の現場調査と見積依頼、業者の選定、工事日程の調整と着工、完成という流れが一般的だと思います。 ここでの注意点は、工事完了後のアフターサポート体制を作って置くことです。

業者の選び方

ネットワークには、外部要因(通信会社等)も含めて、トラブルは付き物です。これらを踏まえて業者選びを行います。 業者選定には、見積時に今後のシステム拡張に対応する提案があること、少なくとも拠点が近くにあり、アフターサポート体制が構築されていることなどの条件提示することをお勧めします。